食事や医療で糖尿病などの病気改善~命を繋ぐ健康治療~

医者

命をつなぐ人工透析

岡山で透析を行う

女性

岡山は人口が192万人と、多くの方が居住しています。 こうした中、岡山においても、透析を受けている方は多数います。 透析とは、人工透析であり、弱った腎臓の働きを人工的に行うものです。 人工透析が必要な状態というのは腎臓がかなりのダメージを負っている状態でもあり、一生医療機関で行わなければいけないとされています。 と言いますのも、腎臓は本来血中の不純物を尿として排出する役割があるのですが、腎臓が機能不全に陥ってしまうと、血中の不純物を排出できなくなってしまうのです。人工透析はその不純物の除去を定期的に行うもので、岡山においても患者は多数存在しています。不健康な生活習慣から、透析が必要となってしまう方は多いのが現状です。 全国的に増加傾向を見せていますが、岡山においでも、この兆候は同じだと言えます。 こうした中、独居者の対応が問題となっています。

患者のあり方について

透析を受ける患者は、年々増加していますが、受けるには病院に向かわなくてはなりません。 病院までの送迎は欠かせないものとなり、家族の負担はかなり大きくなります。 一週間に三回は透析を受けなくてはいけないため、お仕事をされている方にとっては送迎はかなりの負担となります。 しかも、かかる時間は4時間と長く、1日がかりで治療を受けることとなります。 このような事にならないためにも、日々における予防は大切です。 治療を受けるためには、事前に病院で血管と動脈をひとつする手術を必ず受けなくてはなりません。 この手術を受けなければ、透析は受けられないため、患者全てが行っているものです。 こうした中、送迎の問題が浮き彫りとなっている今日です。