食事や医療で糖尿病などの病気改善~命を繋ぐ健康治療~

医者

脳の活動を抑える

脳を休ませるために必要な事

温度計

不眠症で重要になってくるのは睡眠をとる時に「休むぞ」という意識をきちんと持っているかです。不眠症は脳が活発な活動をしている以上改善にはつながりません。改善に必要なのは眠る直前に脳を刺激するような活動をしない事が大切なのです。例えばパソコンやスマホを操作したり、明日の仕事について考えたり、寝る前に運動をしたりする行為は不眠症を誘発する原因となります。 よって不眠症を改善するためには薬ばかりに頼るのではなく睡眠直前は休む事以外考えないように心掛ける事です。非常に単純かもしれませんが、不眠症は精神面が大きく影響を与えてきますので改善には心の安定が欠かす事は出来ません。ベッドの近くにスマホは置かないとか情報を遮断してリラックスした状態で布団に入るようにする事が重要だと思います。

不眠症の治療は薬に頼らない

不眠症になると医師の診察を受けて睡眠薬を処方していただく人も多いと思います。しかし薬は補助的なもので完治には決して至りません。薬には脳の活動を抑えて気持ちをリラックスさせる効果はありますが、そのために薬物に依存して薬がないと眠れないという状態に陥る可能性も出てきます。大切なのは薬を利用しながらも自分の寝る前の行動を見直してみる事です。 つまり薬は不眠症の根本的な解消につながる物ではないのです。薬に頼らずに自然な形で睡眠がとれるように改善していく事が重要です。よって働き方、物事の捉え方等の改善のためにもカウンセリングなどの治療を受けて精神状態の安定に努める事が必要になります。決して薬に頼らずに不眠症になったら自分の精神面に目を向けていく事が大切になってくるのです。